キオクリョクがございません

つれづれあれこれ

NHK土曜ドラマ 「ロング・グッドバイ」 (レイモンド・チャンドラー原作 2014年) 全5話

 

 f:id:hn587:20211114084244j:plain

土曜ドラマ「ロング・グッドバイ」 | NHKドラマ

 

 舞台は戦後間もない東京。私立探偵増沢磐二(浅野忠信)は、行きずりの原田保(綾野剛)といつしかバーでおごり合う仲となるが、ある夜「人を殺した」と言う原田を、台湾行きの船が停泊している横浜港まで送る。

 

 果たして、原田保の妻で女優の原田志津香(太田莉菜)が遺体で発見された。

 ドラマの冒頭、彼女のやりたい放題のワガママ・傲慢振りはエキセントリックだが、嫌みのない素直な痛々しさが切ない。死後公開された主演映画はB級怪奇映画の魅力満載。

 早々に逝ってしまった彼女は、このドラマではある意味さわやかだったかもしれない。
 

 増沢は、原田保の逃走幇助の罪に問われた。彼は岸田警部補(遠藤憲一)の手荒な尋問にも屈せず彼の無実を信じる。

 殺された女優の父親・原田平蔵(柄本明)は、獄中の増沢に何故か弁護士(吉田鋼太郎)を寄こすが、増沢はその申し出を拒否してしまう。

 弁護士は原田平蔵の秘書に経緯を報告する。秘書は、なぜ彼は原田にそれほど義理立てするのかと疑問に思い、弁護士は「仁義」というヤツではないか、と言う。
 横でやり取りを聴いていた原田の娘・高村世志乃(冨永愛)は思わず笑ってしまった。 
 

 バー「VICTORS」にいる増沢を世志乃が訪ねる。
世志乃「なぜ、あなたは原田保が無実だと信じるの?」
磐二「彼は人を殺せるような人間じゃない。それに、誠実な男だからですよ。」
世志乃「私はイヤな女と一緒にいる時、自分がイヤになるわ。あなたは彼といると、自分が誠実でいられたのね。」
 
 物語は、戦後の日本ではもはや見られなくなった「誠実さ」に頑なにこだわり続ける男、増沢盤二を軸に展開する。

「 The Rolling Stones」1964年と日本のビッグネイム

https://colaboy.ocnk.net/data/colaboy/product/20190803_5fd590.jpeg


 

 ストーンズのデビューアルバム。ほとんどがR&B、ブルースのカバー。日本で人気の「テル・ミー」は本アルバム唯一のジャガー=リチャード共作。英国オリジナル盤では「Route66」がA面トップ。
 彼らのサウンドのルーツが窺えて楽しいが、57年後の現在から俯瞰すると…。

 

「I Just Want to Make Love to You」
 53年マディ・ウォーターズが発表した曲。彼らのバンド名はマディの「Rollin'Stone」からだろうし、彼らを一躍スターダムに乗せた曲「Satisfaction」はマディの「I Can't Be Satisfied」からヒントを得たと言われている。
 マディはブルースをゆったりかつ朗々と歌い上げ、シタール風?のギターソロも聴かせどころ。
 ストーンズのは、ミックの雄叫びのようなボーカルでハードなロックンロールになっている。

 

「Carol」
 チャック・ベリーの曲で、軽快なロックンロールナンバー。

 

「Route66」
 スタンダードナンバーをチャック・ベリーのバージョン風でカバー。
 
 ところで、矢沢永吉の初期のバンド名は「キャロル」。オールバックに革ジャンは、当時の日本における不良のトレードマークで、彼の70年代のヒット曲「トラベリンバス」は、この曲からヒントを得たものだろう。
 彼はビートルズが自分の原点と言うけれども、スタイルはストーンズを意識していたようだ。
 現在の矢沢がどうかは知らないが、70過ぎても現役で(チャーリー・ワッツの死で怪しくなったが)スリムな体のまま、ステージアクションも昔のままで第一線…なんて、そうあるものじゃない。

 ミック・ジャガーは、ロンドン大学の経済学部中退のキャリアと関係あるのか、いつもショービジネスでトップにいることを考え続けていて、叩き上げの創業経営者の孤独のようなものを抱えていた。
 その意味では矢沢永吉と重なるように思う。
 
 キースは80年前後からだろうか、ステージでミックと肩を組むことはなかったし、例の一つのマイクで二人が歌うこともなくなって、メンバー紹介でミックを飛ばしたり、ミックと二人のインタビューを避けたりと…。
 キースはミックを毛嫌いしていたはずだが、ストーンズ愛がそれを上回ったようだ。

 ストーンズのステージでは、2000年代に入っても相変わらず60年代のヒット曲頼みの感は否めない。それが彼らの原点ではあるのだが、そこから進化しなかったことの証しでもある。
 「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」や「ブラウン・シュガー」を超える楽曲を探すのが難しい。
 
 前にも触れたが「ブラック・アンド・ブルー」で進化の萌芽を見たが、批判を受けすぐヒット・バンドの方へ回帰してしまった。
 
 忌野清志郎を日本のミック・ジャガーと呼ぶ人もいるが、校舎の屋上でタバコを吸っていても、彼の曲は何か精神の崇高さがあって、彼はそれをずっと持ち続けていた。
 
 しかし、尾崎豊がそうだったように、崇高さというものは、はかない。
 08年の「シャイン・ア・ライト」でクリントン一家をメンバーが整列して迎えていたが、長く第一線でやり続けることは何かを捨てることなのだと、図らずもスコセッシはドキュメンタリーで示した。
 
 60年代後半、「Sympathy For The Devil」で「Who killed the Kennedy's?」と歌ったような悪魔的な輝きは、もうない。

 

「Walking The Dog 」
 ルーファス・トーマスのオリジナル。ゴキゲンなロックンロールナンバー。
 英国盤では「Route66」で始まり、この曲で締めくくった。彼らのコンセプトがよく伝わる。

「Some Girls 女たち」1978年

 

https://content-jp.umgi.net/products/ui/UICY-60163_fGi_extralarge.jpg?12052017115139


  このアルバムは米国では最大のヒットとなったようだ。
  一説によると、パンク隆盛の折、「ストーンズはダサい」というパンク側の口撃に受けて立った…とあり、2曲を除いて従来のストーンズらしいロックンロールに回帰した、とも…。
 
 それでは、その2曲について。

 まず、当時のディスコブームに乗ったダンスミュージックの「Miss You」だが、同年ロッド・スチュワートが同様のディスコ曲「Da Ya Think I'm Sexy?」をヒットさせた。「Miss You」も大ヒットとなったが、僕の好みで言えばロッドの方…。

 一方、文化史家のネルソン・ジョージは、ディスコ・ブームに乗って当時のメジャーがダンスミュージックに挑戦したが、その誰もが失敗し、唯一デビッド・ボウイの「Let's Dance」が成功を収めた、…と厳しい。

 確かに楽曲の良さは…。 


 で、残りの一曲、「Beast of Burden」を僕はこよなく愛する。
 「ブラック&ブルー」の項で述べたが、「Fool to Cry」や「Monkey Man」と同系列、ミックの自虐的ナンバー。先の2曲に比べアップテンポでリズミカルだが、チャーリー・ワッツのドラミングのリフがシブく、軽くならない。しっかり、ミックの泣きがサビに向かって利いてくる。
 キースは「ミック・テイラーとの間にあったリズムとリードのギターの区分が溶け、ロニーと2人でぴったり息を合わせて輝いた良い例」と言っているが、これは二人がアコースティックギターを弾いたライブでのことか…。
 

ローリング・ストーンズ「ブラック・アンド・ブルー」

https://store.universal-music.co.jp/contents/shop/um/img/goods/G10/UICY-79244.JPG

 

 

 このアルバムはストーンズにとっては実験的だったのだろう。様々な種類の曲が混在している。トータルでは成功したとは言えないだろうが、個々の曲に素晴らしいものがいくつかあり、僕はこのアルバムをかなり愛している。発売は1976年。

 

「ホット・スタッフ(Hot Stuff)」
  当時、ディスコサウンドがヒットチャートを賑わしていた。その影響だろう、自らのルーツの黒人音楽・R&Bに回帰したかのよう。アップテンポだが力強く、かつファンキー。アドリブが利いて、ストーンズジャズファンク
 これはストーンズの曲としても演奏としても素晴らしく、彼らのルーツに回帰するとともに、新たなストーンズサウンドの可能性を匂わせた。 

 

「メロディ(Melody)」
 ビリー・プレストンのピアノが光るナンバー。ジャジーだが、ブラックでファンキー。当世流行の「おしゃれな」感じもある。ビリーとの掛け合いのミックのボーカルも素晴らしい。

 

「メモリー・モーテル(Memory Motel)」
 ストーンズのバラードの中でも最高の一曲。ミックのボーカルに、キースのしゃがれ声が間のあいた掛け合いになっていて、「ここぞ」という感じが素敵❣。

 

「愚か者の涙(Fool to Cry) 」
 ミックでなければ歌えないブルースっぽいバラード。この系統に「レット・イット・ブリード」(1969)の「モンキー・マン」、「メインストリートのならず者」(1972)の「ダイスをころがせ」があり、ミック特有の自虐的ボーカル❤?。彼はこのような曲で私生活を懺悔していたんだろうか?。
 
 このアルバムからアダルトなストーンズが期待されたが、残念ながら、次の「SomeGirls」(1978)では従来の若者向けで、よりポップになってしまった。
 「ブラック・アンド・ブルー」が批評家から辛辣な意見も出て問題作とされ、ストーンズは常に「売れる」「受ける」ということに敏感で、彼らの能力の高さと柔軟さもあっての原点回帰…。だからこそチャーリー・ワッツの死まで半世紀に渡ってロック界に君臨し続けたのだろう。